❶子どもの医療費が中3までず〜っと無料

平塚市なら、小児医療費の助成が手厚い

平塚市なら、小児医療費の助成が手厚い

対象年齢について

対象年齢は 0歳〜中学3年生 までです。

■小学生以上のお子さんは所得制限があります。

■保護者の所得が制限を超えている場合、医療証が発行できません。
詳しくは小児医療費助成制度の所得制限についてをご覧ください。

助成対象について

入院 通院 どちらも対象になります。

■保険適用外のものは、対象となりませんので、全額自己負担となります。

[お問い合わせ先] 平塚市 こども家庭課
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kodomo/page-c_03167.html

比べてみたら、お得です

通院時における医療費助成について

通院時における医療費助成について 通院時における医療費助成について (平成30年4月1日現在)

もっと見る

❷切れ目のない手厚いサポートで安心。充実した子育て支援施設がうれしい

〈妊娠〉妊産婦やご家庭に寄り添うサポートを

妊産婦やご家庭に寄り添うサポート

ひらつかネウボラルーム はぐくみ

妊娠中から就学前までの母子を切れ目なく支援する「はぐくみ」を開設。
保健師や助産師ら専門職員を配置し、相談や情報提供、支援へつなぐワンストップ窓口です。ベビーベッドや子どもが遊ぶスペースもあります。

[住所] 平塚市東豊田448-3(平塚市保健センター3階)
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kodomo/page-c_01983.html

「ひらつかネウボラルーム はぐくみ」の特徴

「専任制」保健師や助産師などのエキスパートが的確に不安や悩みを解決

「専用の部屋」明るく落ち着いた雰囲気の、プライバシーが守られた空間

「全数面談」母子健康手帳の交付場所を一本化し、妊婦全員と個別面談

「ネットワーク体制による支援」病院や役所との連携で迅速かつ継続的に

〈出産〉出産前後の安心をサポート

出産前後の安心をサポート

お母さんと赤ちゃんの健康を守ります平塚市民病院の周産期医療

平塚市民病院の周産期病棟は、産婦人科と小児科が連携し、母子ともに合併症などが発生する可能性の高い、妊娠から産後の診療にあたっています。一般小児病棟として20床、新生児集中治療室(NICU)が3床、継続保育室(GCU)が8床あり、不測の事態にも対応できることが総合病院の強み。
産婦人科は、完全母子同室制、立ち会い分娩、フリースタイル分娩を基本とし、無痛分娩、和痛分娩も取り扱っております。羊水検査も随時行い、みなさまのファミリープランをサポートしています。
また、20人ほどいる助産師の半数以上が、自律して助産ケアできる「アドバンス助産師」の資格を持ち、経験も豊富です。

[住所] 平塚市南原1-19-1
http://www.hiratsuka-city-hospital.jp/index.html

〈産後〉子育て家庭を支える様々なサポート

自宅でゆっくり相談できる

自宅でゆっくり相談できるこんにちは赤ちゃん訪問

赤ちゃんが生まれたすべての家庭に助産師・保健師・看護師が訪問します。自宅で育児がスタートすると心配事がたくさん…。お悩みをご相談ください。

[お問い合わせ先] 平塚市 健康課 http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kodomo/page-c_02074.html

成長ステップに合わせた指導

成長ステップに合わせた指導多彩な育児教室

「はみがき教室」や「離乳食教室」など、子どもの健康や育児に関する様々な教室を開催しています。

[お問い合わせ先] 平塚市 健康課
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kodomo/page-c_01960.html

子育て支援は母親支援

子育て支援は保護者支援子育て支援センター・つどいの広場

子育て中の親子が気軽に集い、交流できる施設です。ふらっと立ち寄って遊んだり、お友達づくりや情報交換ができます。

子育て支援センター http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kodomo/page-c_00122.html

つどいの広場 http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kodomo/page-c_00139.html

中学生までのお子さんが自由に遊べる

中学生までのお子さんが自由に遊べる子どもの家

市内に4ヵ所あります。外庭の遊具のほか、ログハウスの中には図書室やアスレチックがあり、雨の日でも楽しく遊べます。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kodomo/page-c_00866.html

病気の回復期のお子さんを保育します

病気の回復期のお子さんを保育します病後児保育室なでしこ

専任看護師・保育士が専用の保育室でお預かりします。お仕事や、保護者の方の病気・ケガなどで、自宅での看病ができないときにご利用ください。

[住所] 平塚市宮の前4‐13(平塚保育園)
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kodomo/page-c_00181.html

病気の回復期のお子さんを保育します

お子さんの成長に寄り添いますこども発達支援室 くれよん

ことばの遅れが心配、集団行動が苦手など、発達に心配があるお子さんの相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。

[住所]平塚市追分1-43 (平塚市福祉事業センター内)
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kodomo/page-c_03171.html

もっと見る

❸データで実証! 子育てに優しい街

平塚市民は子だくさん

出生数のうち3人目以降の子どもの割合(平成25年)

子どもイメージ
地域少子化・働き方指標 ※地域少子化・働き方指標(内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局)より
小さなお子さんが増えています

小さなお子さんが増えています(平成29年)

0~4歳のへら塚氏への転入数
  • 平塚市  241
  • 横浜市 -1,133
  • 藤沢市  208
  • 川崎市 -1,551
  • 茅ヶ崎市 206

※平成29年 住民基本台帳 年齢5歳階級 転入超過数(日本人)より